親父へのプレゼント

現在のワイスタイルという会社は僕の父親が経営してる会社"株式会社 越野宝商"を引き継いだ会社です。


そしてこの"株式会社 越野宝商"が30年以上の歴史の幕を閉じることになりました。(なぜワイスタイルに??と興味がある方はまた個別に聞いてくださいね)

なんか寂しい気持ちと感謝の気持ちが交錯してます。


 そして父親は一応ですが引退です。一応って言うのはこれからも今までの経験を活かしてワイスタイルのアドバイザーとして頑張ってもらおうって思ってます。

僕はな~んにも考えてなかったんですが、僕の姉がこの状況を知って
「なあなあ、やっくん。お父さんにお疲れさまのプレゼント送らへん??」
って。(姉にはやっくんと呼ばれてます)


そして父親は
「時間できるし新たな趣味でも作ろうかな。ギターなんかどうかなって考えてるねん。」

って言ったのを姉が覚えており、姉からの発案でギターを一緒にプレゼントすることに。

12-3.jpg
これがそのギターです!

もう70歳を越えてる父ですがこの好奇心ってのはホントすごいって思います。
 
偶然、姉の友人で楽器店を営んでる友達がいたのでそちらにお世話になりまして。

父親に手渡すとちょっと驚いた様子と恥ずかしい様子で受け取ってくれました。そしてとても嬉しかったようで、毎日ギターを手にして練習しているようです。


僕にも恥ずかしさがあって
「もらったものやし、やめたアカンで~」なんて言いながら。
 
感謝の気持ちを口にするのは恥ずかしい。

でもこうやって何かの形で伝えることって大切だなあって思いました。


僕は学生時代に母親を病気で亡くしてるので、母親に出来なかったことを父親に出来たらな・・・って思います。

 
大事にしてる人に感謝の気持ちをこめて何かを送ることの大切さ。
そんなことを実感させてもらった出来事でした。

 
あっ、言い忘れましたが、姉の息子"ゆうた"君が現在、小学2年生。
エレクトーンを習ってがんばってます。いつの日かその"ゆうた"と父親がエレクトーンとギターでセッションしたらオモシロいねってのが我が家の最近の話題になりました。

 
がんばってほしいものです(^_^)


12-2.jpg

こちらの記事に関する感想お待ちしてます♪





トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:

http://blog.y-style.co.jp/mt/mt-tb.cgi/91

バックナンバー