良き友人・・・そして刺激をもらえるビジネス仲間

VOL.10にご登場いただいたのは、この人!

株式会社 阪急交通社
塚田 浩司さん

出会いは会社の内定式。(僕の以前の勤め先はこの阪急交通社でした)話した会話等は覚えてないですけど、確かこのときのはず・・・。


実はこの塚田君とは僕の母校"関西大学"つながり。

しかも同じ体育会クラブに所属。彼はボート部、そして僕はアメフト部。


そんな近い間柄だったにも関わらず、お互いの存在は知らなかったんです。でもそんなこともあって仲良くなるのには時間はかかりませんでした。


ボート部といえばなんかチームのスタジャンを着て爽やかなイメージを持ってたのですが、塚田くんはその爽やかさを地で行くタイプでしょうか・・・。(一方、僕の所属してたアメフト部は泥臭い感じでしたが・・・・)


 入社以降は勤務地がお互い違ってたので、夜の合○ンの部でお世話になりました(笑)
そんな合○ンを通じてコミュニケーションを取ってたのが非常に懐かしいです。

そんな合○ン好きな彼もつい先日双子の赤ちゃんが生まれて三児のパパに。


近々ご自宅に遊びに行く約束をしてるのですが、双子の赤ちゃんと会うのが楽しみです。

仕事に関しても塚田君はすごい意欲があり、いつも関心させられてます。

僕の前職時代の頃と比べるとホント意識が高いなあ~って思うんです。勉強会に一緒に参加したり、そして貪欲に物事にチャレンジしていってます。

きっと今の会社を背負っていく人間に、いやもしかしたら何か自分で違うことにトライするかも。
そんな感じの塚田君です。
 
これからも良き友人そして刺激をもらえるビジネス仲間として宜しくお願いします♪

10-10.jpg
ある会の忘年会にて・・・


越野の"興味津々"インタビュー


Q1 現在の仕事の内容を教えてください

阪急交通社の国際輸送事業部でセールスをしております。

顧客に代わって海外へ貨物を輸出したりまたは輸入する物流サービスの仕事です。


主に海外と取引をしているメーカーや商社が顧客となりますが、旅行と同じように航空会社や船会社からスペースを仕入れて販売したり(空)港での輸出入通関業務、またそれに付随するトラック配送や最近では倉庫管理を軸に3PLといったサービスも提供しております。


Q2 将来の夢なんかはありますか??

出来る限りいろいろなことに挑戦して悔いのない人生を過ごせた!と感じることです。


例えばですが、頭を使う(囲碁で強くなる)、手先を動かす(料理を覚える)、より大きく社会に貢献する(経営者になる)、家族を幸せにする等々最終的には孔子の論語にある「七十従心」=「自分の心の欲する所に従っても、倫理的規範に抵触しない」という境地に達することができればと思います。

Q3 大学時代のボート部での一番の思い出は??

4年生の6月に関関戦で歴史的大敗を喫して人生初の丸刈りを経験。

8月には関西選手権で大勝しリベンジに成功するも準決勝で立命館にコンマ差で破れ最終目標であったインカレ出場を逃す。

その結果不完全燃焼のまま4年間のボート部生活に終止符を打つ。しかしながら卒業後、友人T郷君と沖縄でフラフラと遊んでいる最中ふとしたところでお互いが不完全燃焼であったこと気持ちを吐露。そしてボートで復活することを決意。

最終的にはお互い大阪代表として国体に出場でき、完全燃焼を感じれるに至ったことが今でもいい思い出として残っております。


Q4 双子の子供が生まれて3児のお父さんになった感想は?

まさか自分が3児のパパになるとは・・まだ信じられない気分ですが、人間的に大きく成長できるきっかけと思って前向きな気持ちでおります。


Q5 こっし~ってどんな人?
自分よりも一回りも二回りも大きい人(体ではなく・・)。苦労人だがいつも前向きなところが特に素晴らしい。


Q6 こっし~に一言

こっしーも早く家庭を持つことを願ってます。その器の大きさで4児以上のパパになることを期待して。