覚悟のすすめ & 野村再生工場

今、プロ野球はポストシーズン真っ最中。でも阪神ファンの自分としては
まさかの展開。。。ありえません。。。巨人の追い上げ素晴らしかったです!


そんな野球界でのスターの二人が著書の二冊をご紹介します。
この手の本大好きです。


覚悟のすすめ 金本 知憲 著


19-12.jpg


ご存知"兄貴"こと阪神、金本選手による一冊。
金本選手といえば連続フルインニング出場の世界記録保持者。

決してエリートとは言えない野球人生。挫折、そしてそこから得た栄光には
類稀な精神力そして覚悟の力があったことが書かれてます。

印象的だったのは"ケガをしていても、それをいわなければケガではない"
という言葉。
すごい気迫とプロ意識を感じます。

やはり華々しい活躍をしてる選手こそ、目には見えない努力をしてるんだなあと感じた一冊でした。

来季こそはシーズン制覇して欲しいですね。


野村再生工場 野村 克也 著

19-15.jpg


いつもはテレビでノムさん語録として面白おかしく取り上げられてますが、
そんな野村監督の【真の選手の育て方論】が書かれてる本です。

そして野村監督の野球への情熱がひしひしと感じる事のできる一冊です。

印象的な言葉は
【「人は無視、賞賛、非難の段階で試される」という。全く話にならない段階では無視、少し見込みが出てきたら賞賛する。そして中心になった時点で非難するのである。】

マー君こと田中選手に対する野村監督の今の発言は【賞賛】ですね。
テレビのインタビューを聞くのが楽しくなりそうです。

来シーズンが就任4シーズン目。そろそろ結果が求められるシーズンだけに
楽しみですね。