察知力  中村俊輔 /著

"前向きなキモチ" 

"向上心の大切さ" 

"継続することの必要性"

を教えてくれる一冊です。

17-14.jpg


今やサッカー日本代表のエースともいえる中村俊輔選手が書き下ろしたこの一冊。


「察知力」


日本のファンタジスタとも言われ、非常にサッカーの華やかなエリートコースを歩んできたかのようにも思える彼の泥臭い努力そしてキモチの持ち方が書かれた本です。


日韓ワールドカップでの代表落選、イタリアサッカーでの挫折。


彼はそんな苦境を全てポジティブな心構えで乗り越えてきました。


そして彼のすごいところはどんなにうまくいってるときも満足せず、常に自分に大きな課題(壁)を作り、それを乗り越えるというサイクルで自身を成長させていってるってとこ。


中村選手は"サッカーノート"といわれる手記を書き続けているようです。


その時、自分の感じたことを書き綴ることで自分を客観的に見れるようです。

これが察知力というタイトルにもなった所以かもしれませんね。


"前向きなキモチ" "向上心の大切さ" "継続することの必要性"

そんなことを教えてくれる一冊です。